リフォームは金額を抑えながら家が変わって行く楽しみがある

理想の家を目指して

LATEST INFORMATION

  • 和風建築の家

    キッチンリフォーム失敗談 レンジフード編

    築40年の中古住宅のキッチンをリフォームしました。憧れの対面キッチンで、奮発して海外製の食器洗浄機も導入し、大満足のキッチンになるはずが…。最後にレンジフードがついて、コンロ前に立ってみると、アタマのすぐ上にレンジフードがかぶさる感じ…

    MORE

  • 内装を考え合う男女

    やっぱり相見積もりは必要!?

    リフォームしたいなぁと思いつつ、どこに頼んでいいかわからずにいたころ、知り合いの方から紹介された工務店さんを訪ねました。センスもいいし、応対もいいし、紹介されたこともあり、こちらの要望を丁寧に聞いてくれて、第一案を出してくれる…

    MORE

  • 居間

    施主支給に注意

    インターネットで、フローリングやトイレのタオルかけなど、いろんな物が安く購入できるので、「自分で買ったので取り付けてください」という人が多いそうです。私が、2階だての1階部分をリフォームしたとき、近所の工務店さんに頼みました。キッチン…

    MORE

リフォームのお得さやメリット

家の中の模型

建て替えをするのと違い、リフォームであれば仮住まいをする必要も有りませんし、まだ使える部分は活かせたり、大切にしてきて愛着が湧いている住まいを手放さなくても済む利点があります。
建て替えとリフォームを比較すると、圧倒的にリフォームの方が金銭的な出費も抑えられる上に、工事の期間も大変短期間で済むという利点もあります。
また、リフォームはクロス張替えや手すり取付工事などであれば、即日で迅速に完了するケースも多いです。私は高齢の家族を介護するために、浴室や洗面台や廊下やキッチンなどに手すりを設置する工事をしたり、ドアをバリアフリー化するリフォームを一昨年行いました。
リフォームをする目的は、家庭によっては耐震性強化や傷んだ箇所の修復や設備を新しくして暮らしを快適にする目的などがありますが、その他にもバリアフリーにして高齢者でも安心して暮らしやすく介護しやすい住まいを作ったり、子供の成長に応じて部屋の構造を変えたりすることもあります。
家族構成の変化やライフステージの変化が起きても、リフォームすれば柔軟に引っ越さなくても対応することが出来るのです。リフォームすれば慣れ親しんだ住まいを離れることも無いですし、建て替えと違って賃貸を借りて工事中引越ししたりする必要も無いので、経済的にも大変得です。

中古住宅とリフォーム

一昔前は住まいといえば・郊外の閑静な住宅街に、35年のローンを組んで購入するというのが常だったろう。
終身雇用制度が崩れ去った今の日本で、35年のローンを組むという事は、どれだけ無謀な事はだろう。
今は住まいと言う点では、選択肢は広がった。周りを見渡せば中古の戸建てやマンションで溢れている。多少目をつぶれば、破格の値段の物件を見つける事も、訳ないだろう。そのように、格安の物件をリフォームして、自分の好きなようにカスタマイズするのもオススメだ。
電気系統やガス関係、水周りのリフォームはプロに任せた方がよい部分だ。是非とも使いたい具材がある場合は、業者と相談の上、持ち込みオッケーという事もあるだろう。この様な業者との密なやり取りも、リフォームならではの、醍醐味ではないだろうか?
そして、是非自分達でやってもらいたのは、壁塗りである。近頃は、リフォーム会社主催の珪藻土や、漆喰の塗り方教室なんていうのもある。自分達で出来るところは自分達でやる事でコストダウンにも繋がる。
住宅は無人になり放置されることで劣化が進む。人が住み、風が通り、手を加えリフォームを行う事で住宅自体の耐久年数は、随分と伸びてくる。

色々できるリフォームの楽しさ

リフォームは楽しい工事です。家を想い通りに改装してくれるからです。どんなに小さい工事から、建て替えに近い改装まで、何でもできるのがリフォームです。リフォームの仕方には色んな方法があります。
1)壊れた部分を直す工事
2)古い設備を交換する工事
3)間取りを変更する工事
4)新しい設備を導入する工事
5)躯体部分だけ活かして全面改装する工事
6)既存の家に部屋を増設する工事
7)門扉など外回りを変える工事
大きく分けて以上の様なリフォーム工事が考えられます。
この内、5)の全面改装する工事は、リノベーションと呼ばれる事もあります。リノベーションとリフォームの大きな違いは、暮らし方を根本的に変えるかどうかです。単なる改装工事というだけでなく、ライフスタイルそのものを変えてしまう様なリフォームをリノベーションと言います。3)の間取り変更でも、暮らし方を大きく変えることができるので、リノベーションに当たる場合があります。
最近の住宅事情でお勧めなのは、古い住宅を購入して、リフォームないしはリノベーションするという選択です。新築住宅を購入するよりも安い金額で行える場合が多いからです。
古い住宅は格安で売りに出されている場合が多いので、そういう物件を見つけて、改装工事を施して新築の様に住む方法です。新築よりも金額を抑えながら、家が変わって行く楽しみがあります。そういう選択を含めて、リフォームは楽しいですよ。

NEW INFORMATION

TOP