リフォームは金額を抑えながら家が変わって行く楽しみがある

理想の家を目指して

施主支給に注意

居間

インターネットで、フローリングやトイレのタオルかけなど、いろんな物が安く購入できるので、「自分で買ったので取り付けてください」という人が多いそうです。私が、2階だての1階部分をリフォームしたとき、近所の工務店さんに頼みました。キッチンだけはこだわりたかったので、オーダーキッチンの専門の会社に問合せて、案も出していただくと、とても機能的でおしゃれで、機器類も安くなっていました。結果的には、設計料等で割高にはなるのですが、こだわりたいので専門のところにキッチンだけ頼みたいな、と思って、工務店に相談すると。水回りは責任が取れないので、施主支給の範囲でしたら、総額の10%の手数料をいただきます、という返答が。なに~?ここはうちの家だよね?なんで、手数料とられるの?と、訳がわからず、びっくりしました。
調べてみると、いま、個人で購入して取り付ける施主支給が多いので、責任の所在がはっきりせず、なおかつ、全体を取りまとめている工務店にとって、自分たちが仕入れたものではない分、不具合や設置に問題が出たりなど、やりとりも煩雑になり、トラブルが多いとのこと。そのため、自分たちが代理店を通して仕入れたもの以外は、個人の施主支給として、ものによっては手数料をいただくことがあると、説明されました。キッチンまるごとの手数料は半端なく、泣く泣くあきらめ、工務店が提案する会社のシステムキッチンにしました。

NEW INFORMATION

TOP